ノルディックロゴ
〜河口浅間神社参拝コース(富士山世界文化遺産構成資産)〜
河口湖からの富士山の眺望を眺めながら、漫談家の綾小路きみまろ氏が寄付をした黄金の七福神の大黒様をお参りし、一路富士山世界構成資産の一つ、河口浅間神社を目指します。
 

距離 6,452m / 時間 約 88分
場所の名前   
大池公園
↓22分 / 1,541m
大黒天(JA農の駅)
↓22分 / 1,685m
河口浅間神社
↓44分 / 3,226m
大池公園
      
 大池公園  
大池公園
富士山

 大池公園ポプラ並木が目印 
 富士山も見えます
大黒天 JA農の駅
JA農の駅
            
JA農の駅

 偉大刻様は人々の苦労を背負った大きな袋に納めて、苦労を引き受けてくれます。商売繁盛の守り神
 富士山のやさいが買えます。旬は6月〜9月いっぱい
 4月〜11月まで開店してます。 
   
春
 
 富士山と湖と桜の名所、河口湖北岸エリア
 (河口湖円形ホール湖畔沿い)を中心に河口湖さくら  祭り を毎年4月中旬頃に開催します。  
 桜の季節の次は新緑が出迎えてくれます。 
河口浅間神社


  
 865年に創建された神社で、祭神は木花咲耶姫。
 毎年4月25日の「孫見祭り」には、稚児の舞が奉納さ れる。「太々御神楽祭り」が開かれるのは7月です。
 山梨県の天然記念物、七本杉
大池公園
紅葉 紅葉   
紅葉
紅葉祭りは、11月初旬から色鮮やかな紅葉に染まった
富士河口湖町内で開催します。写真で有名な「紅葉トンネル」
ゆっくり、ゆったり、心を癒す「もみじ回廊」。 みどころは「もみじ回廊」のライトアップ。  コースは違いますが、この季節青木ヶ原樹海の紅葉も見事です
 <前のページへ戻る  


〜河口浅間神社参拝コース(富士山世界文化遺産構成資産)〜